症状 1

症状 1

メタボリックシンドロームを予防・改善する

太っている/血糖値が高い/血圧が高い/コレステロール値や中性脂肪値が高い

p_aloesherbert04

アロエシャーベット 多糖類が血糖値をコントロール

日本に入ってきているアロエはほとんどがキダチアロエかアロエベラですが、どちらも効果はほとんど同じです。 そのまま食べると苦みがあったり食べにくかったり...

キクのおひたし 新陳代謝を盛んにし、動脈硬化を予防

家庭で栽培したキクか、食用ギクの花弁を使います。 キクの花10g(1日量)は水洗いし、酢少々を入れた熱湯でさっとゆで、冷水にとって水けをきり、しょうゆ...

症状 1

症状 2

全身の不調を予防・改善する

体調がすぐれない/疲れがとれない/夏ばてのとき/冷えがつらい/貧血がある/血圧が低い/動悸や息切れをしやすい/イライラする、気持ちが落ち込む/更年期障害のとき/精力が減退した/体のにおいが気になる

リンゴ酒 有機酸の働きで疲労回復、食欲増進

健康酒に最も向いているのは紅玉という品種のリンゴ。貯蔵品のものより、9月中旬の出始めの新鮮なものを選びましょう。 材料と作り方 リンゴ600g、氷砂糖...

ニンジン酒 体をあたためて血行をよくする薬膳効果

ニンジンは、冷え症や胃弱を改善し、免疫力を高めるなどの効能がありますが、食べたらすぐに効くという野菜ではありません。そこで、毎日適量をとりつづけるため...

症状 3

症状 3

呼吸器の困った症状

かぜをひいた/せきや痰が出る/熱がある/のどが痛い

キンカン酒 のどの痛みを抑える代表的な果実

のどの痛みやせきに効くほか、常飲するとかぜの予防になります。また、ストレス性の胃痛にも効果的です。 材料と作り方 キンカン500g、氷砂糖250g、ホ...

ナンテンの煎じ汁 昔からせき止めの特効薬として使われた

材料と作り方 ①晩秋になって、色づいたナンテンの実を採取する。 ②天日でよく乾燥させる。 ③②5~10gを540mlの水で半量になるまで煎じる。 ★1...

症状 4

症状 4

消化器系、泌尿器科系の困った症状

胃の調子が悪い/胃に痛みがある
胃がもたれる、胃酸が多い/便秘のとき/下痢のとき/便秘と下痢のとき/二日酔いのとき/むくみがある/排尿に異常がある/痔になったとき

p_radishginger_01

ダイコンとショウガのすりおろし汁 アセトアルデヒドを速やかに排泄

ショウガに含まれるジンゲロンなどの辛み成分は、解毒作用があるほか、胃液の分泌を促進し、消化吸収を助けます。 二日酔いで吐きけ、むかつき、胃もたれのある...

ユキノシタの湿布 消炎作用があり、痛みの緩和に効く

ユキノシタの生葉を火であぶり、手でもんでやわらかくしたものを患部にはる。...

症状 5

症状 5

脳、神経、代謝障害などの困った症状

肩がこっている/腰が痛い/関節が痛い/神経痛がある/頭が痛い/アレルギー性の疾患がある/眠れない

p_limesake

ライム酒 さわやかな香りでこりや痛みをとる

ライム独特のスキッとしたさわやかな口当たりを生かした果実酒です。 材料と作り方 ライム6個、氷砂糖200~250g、ホワイトリカー(35度)900ml...

p_lettuce_03

レタスの白汁 しんに多い苦み成分が眠りをもたらす

レタスのしんを切ると白い汁が出てきます。ここにラクチュコピコリンが含まれています。 ラクチュコピコリンはレタス100g中に20mg含まれています。しん...

症状 6

症状 6

皮膚の困った症状

肌が荒れている/シミ、シワが気になる/湿疹が出た/はれもの、ニキビができた/やけどをした(ひび、あかぎれ)/いぼができた/アトピー性皮膚炎がある/水虫がある/頭皮・頭髪にトラブルがある

ニンニク風呂 アリシンが肌にも効果を発揮する

アトピー性皮膚炎の炎症の悪化を招く原因の一つが「乾燥」です。ニンニク風呂は肌の保湿機能を改善するばかりか、アリシンは抗菌作用もあるため、かゆみの原因と...

おろしゴボウ はれものの解毒と消炎に効く

炎症を抑えたり、うみを出す効果のあるゴボウは、はれもの、おでき対策として、おすすめ。ゴボウの根をすりおろしたものをこまめに湿布すれば、効果があります。...

症状 7

症状 7

歯、口、目の困った症状

歯が痛い/歯ぐきがはれた/口の中やくちびるが痛い/物が見えづらい/目が疲れた

スズメバチの巣の煎じ汁 はれや痛みを止めるすぐれた作用がある

材料と作り方 ①漢方薬店で求めたスズメバチの巣3~4gを水180mlで半量になるまで煎じる。 ②ぬるくなったところで、口に含みながら服用する。 ★粉に...

p_gobou-senjijiru02

ゴボウの種の煎じ汁 種の煎じ汁を口に含むと歯痛に効く

材料と作り方 ①ゴボウの種10gは400mlの水で半量になるまで、弱火で濃く煎じる。 ②その汁でうがいするか、しばらく口に含む。 ★ゴボウ40gをすり...