症状 1

症状 1

メタボリックシンドロームを予防・改善する

太っている/血糖値が高い/血圧が高い/コレステロール値や中性脂肪値が高い

p_mekabu_01

酢メカブ 血圧やコレステロール値の低下作用がある

酢と組み合わせることで、メカブの栄養成分が吸収されやすくなります。 材料と作り方 ①乾燥メカブ7gをボールに入れ、4~5分水に浸す。 ②水でもどしたメ...

p_almondmilk_03

アーモンドミルク 抜群の含有量を誇るビタミンEのパワー

アーモンドの粉末を牛乳に加えると、栄養バランスのすぐれた健康ドリンクができ上がります。 牛乳のカルシウムは骨の形成や精神の安定などに欠かせないミネラル...

症状 1

症状 2

全身の不調を予防・改善する

体調がすぐれない/疲れがとれない/夏ばてのとき/冷えがつらい/貧血がある/血圧が低い/動悸や息切れをしやすい/イライラする、気持ちが落ち込む/更年期障害のとき/精力が減退した/体のにおいが気になる

p_shijimi-extract_04

シジミエキス 小粒でも栄養価が高い貧血の特効薬

シジミの有効成分が凝縮されているので、体内に効率よく吸収されます。 ★1日3回、さかずき1杯ずつ飲めば効果的です。 シジミエキスの作り方 【材料】シジ...

p_mulberrytea_01

クワの葉茶 低血圧の予防、滋養強壮に効く

材料と作り方 春の若葉をつみ、天日干しにして乾燥させる。乾燥葉10gを600mlの水で30分ほど煎じる。これをお茶がわりに1日3回飲む。...

症状 3

症状 3

呼吸器の困った症状

かぜをひいた/せきや痰が出る/熱がある/のどが痛い

p_goyako_05

ゴーヤー粉(ニガウリ粉) 豊富なビタミンCが解熱効果を発揮する

中国ではゴーヤーは「苦瓜」といい、自然乾燥させたものを粉末にしたものが、古くから解熱や解毒、下痢などの薬として利用されてきました。 また、糖尿病治療の...

ビワの種の煎じ汁 せき止めや痰切りにすぐれた効果がある

材料と作り方 ①ビワの種15個ほどを、割らずにそのまま水洗いする。 ②①を600mlの水で、45分くらい中火で煎じる。 ★1日2~3回に分けて、あたた...

症状 4

症状 4

消化器系、泌尿器科系の困った症状

胃の調子が悪い/胃に痛みがある
胃がもたれる、胃酸が多い/便秘のとき/下痢のとき/便秘と下痢のとき/二日酔いのとき/むくみがある/排尿に異常がある/痔になったとき

ナタマメ茶 強力な排膿・消炎パワーが特徴

材料と作り方 ①ナタマメを8~10月に採取し、1~2カ月間、天日で乾燥させる。それを軽くいって、すり鉢で粉末にする。 ②①の粉末1~5gを200mlの...

ハトムギ茶 体の老廃物を排泄する働きがすぐれている

粒のハトムギを煎じるより、殻つきのものを砕いて、軽くいってから煎じると有効成分が抽出され、香りもよくなります。生のハトムギは消化が悪いので、必ずいって...

症状 5

症状 5

脳、神経、代謝障害などの困った症状

肩がこっている/腰が痛い/関節が痛い/神経痛がある/頭が痛い/アレルギー性の疾患がある/眠れない

昔の人は、米のとぎ汁をお風呂に入れて健康を維持していたといわれています。 米のとぎ汁の有効成分が体をあたためるので、慢性の痛みをやわらげる効果が期待で...

p_natsumejuice_02

ナツメジュース ミネラルの力で精神を安定させる

ナツメの有効成分を効率よく体内に吸収させるにはジュースがいちばんです。ナツメは即効性が期待できるので、眠る1~2時間前に飲むことをおすすめします。 ま...

症状 6

症状 6

皮膚の困った症状

肌が荒れている/シミ、シワが気になる/湿疹が出た/はれもの、ニキビができた/やけどをした(ひび、あかぎれ)/いぼができた/アトピー性皮膚炎がある/水虫がある/頭皮・頭髪にトラブルがある

p_sasxanijiru_04

ササの葉の煮汁 遺伝子レベルで水虫を根こそぎ退治

水虫を効率よく退治するには、塗りやすい液状にするのがいちばん。 ササは古くから民間薬に使われてきたクマザサがあればベストですが、なければほかの種類のサ...

p_oolongtea_01

ウーロン茶風呂 温熱・保温効果で自己治癒力アップ

ウーロン茶をお風呂の中に入れると、皮膚に対して天然温泉のような効能を発揮します。煮出すのがめんどうな人は、ペットボトルのウーロン茶を使っても同様の効果...

症状 7

症状 7

歯、口、目の困った症状

歯が痛い/歯ぐきがはれた/口の中やくちびるが痛い/物が見えづらい/目が疲れた

p_hoshininjin

干しニンジン しょぼしょぼとつらい疲れ目が治る

ニンジンを干すと、生で食べるよりもβ‐カロテンの吸収率が格段にアップします。目の水晶体を動かす毛様体は特に活性酸素が発生しやすいので、活性酸素から目を...

梅肉の湿布 黒焼きや湿布が歯の痛みをとる

材料と作り方 ①梅干しの果肉だけを少量のごはん粒でよくねる。 ②布か和紙にのばして痛むところにはる。 ★梅干しの果肉だけをほおの上からはってもよいでし...