黒豆ひたし汁

さまざまな効果が期待される黒豆ですが、含まれている酵素は熱に弱い性質なので、加熱すると失われてしまいます。そこで、黒豆をそのまま水につけて飲むことで、とけ出す成分をとることができる「黒豆ひたし汁」がおすすめです。

材料と作り方

①黒豆50gはさっと洗って汚れをとる。

②水500mlにつけ、5時間以上たったら黒豆をとり出し、ひたし汁を飲む。

★1回に飲む量の目安は200mlで、1日2回飲みます。なお、

つけたあとの黒豆にも食物繊維が豊富に含まれているので、やわらかく煮るなどして食べると、

便秘解消や血圧降下作用が期待できます。