タマネギのかす漬け

タマネギと同様、酒かすにもさまざまな健康効果があります。酒かすの中にはインスリンに似た働きをする成分が含まれており、これにより血糖値の上昇を抑えます。また、タンパク質の分解吸収を促進させる物質も含まれています。

糖尿病食では糖質を減らしてタンパク質をとるのが基本です。つまり、酒かすはその両方をかなえる食品といえるのです。

タマネギのかす漬けは、タマネギと酒かす両方の効果を一度にとることができるので、糖尿病の予防食としてたいへんすぐれているといえるでしょう。

タマネギのかす漬けの作り方

【材料】タマネギ1個、酒かす300g、砂糖60g、みりん1/3カップ、塩大さじ1

p_tamanegi-kasuzuke_01①ちぎった酒かすに砂糖、みりん、塩を加え、電子レンジであたためてやわらかくする。

p_tamanegi-kasuzuke_02②すりこ木で酒かすをつぶし、ドロドロになるまでねり合わせる。かたいようなら再び電子レンジへ。

p_tamanegi-kasuzuke_03③タマネギはあらかじめ熱湯で1~2分ゆで、水にとって冷やしてから広口びんなどに入れて、②のかす床に漬ける。

p_tamanegi-kasuzuke_04④1週間ほど漬ければ完成。1日に食べる適量はタマネギ1/4個。