おろしゴボウ

炎症を抑えたり、うみを出す効果のあるゴボウは、はれもの、おでき対策として、おすすめ。ゴボウの根をすりおろしたものをこまめに湿布すれば、効果があります。

材料と作り方

ゴボウの根をすりおろしたものをガーゼなどに適宜とり、患部に当てる。

ゴボウは根だけでなく、種にも強力な消炎作用があります。そのため、種子の煎じ汁でうがいをすれば歯痛の軽減に役立ちます。

また、根をアク抜きせずに煮込んで食べれば、慢性胃炎や腸炎の改善になるなどさまざまな使いみちがあります。