サトイモの湿布

サトイモで作る湿布は、はれて熱を伴うもの、痛むものに効果を発揮します。たとえば、手足の関節炎や打ち身、リウマチ、捻挫などです。

p_taroshippu_01

材料と作り方

①サトイモ5~6個は皮を厚めにむき、おろし金ですりおろす。

②①と同量の小麦粉と、おろしショウガ1かけ分を加えてまぜる。

③②を湿布用の布に5mm程度の厚さにのばす。

★患部にはって、5~6時間たったら新しいものにはりかえます。このとき、かぶれを防ぐために、一度患部を湯で洗い、1時間ほどたってから新しい湿布をはるとよいでしょう。

かぶれやすい人は、患部の上に木綿布を1枚おいて湿布するか、湿布を作るときにゴマ油を10滴ほどまぜるとかぶれにくくなります。