ニンジンミルク

ニンジンの細胞はたいへん丈夫なので、それを壊さないとβ‐カロテンをはじめとする有効成分を効率よく摂取することができません。ニンジンを調理するときは、なるべくこまかく刻んだほうがよいでしょう。また、すりおろしたり、ジュースにして飲めば、さらに効率的に有効成分を摂取できます。

同時に、ニンジンは油と合わせることでβ‐カロテンの摂取率が高まります。そこでおすすめなのが牛乳。牛乳の乳脂肪が食用油の役割を果たしてくれるからです。

すりおろしたニンジンと牛乳を合わせたニンジンミルクは、まさにβ‐カロテンの摂取率が高まる理想的なとり方といえます。

材料と作り方

①ニンジン1本(約150g)は皮をできるだけ薄くむく。

②ニンジンをすりおろす。

③②と牛乳200mlをまぜ合わせる。

★1日200ml程度を飲みましょう。好みでハチミツなどを加えてもよいでしょう。ミキサーを使って作ってもかまいません。