梅酢ドリンク

梅と同様、酢にも肝臓の働きを高めるクエン酸が豊富に含まれています。そのため、梅の成分と合わせてとれば、効果が倍増して二日酔いの症状を治す最強ドリンクになります。

また、梅酢ドリンクに豊富に含まれている有機酸は、疲労の原因物質である乳酸を分解して、排出させる効果があります。

乳酸がたまると疲れやすくなるばかりか、肩こり、ひいては肝機能障害の原因ともなりかねません。有機酸はこの乳酸を分解してくれるだけでなく、胃腸の働きを高めて、食欲を増進させる効果もあるのです。

また、梅酢ドリンクには、便秘を解消する効果もあります。

ただし、通常より胃酸が多いタイプの人は、かえって症状を悪化させる可能性もあるので、少量からとり始めましょう。

梅酢ドリンクの作り方

【材料】青梅1kg、酢1.5~1.8リットル、氷砂糖1kg

p_umevinegar_01①青梅を竹ぐしかようじで突き刺し、酢がしみ込みやすいように穴をあける。

p_umevinegar_02②密閉容器に梅と氷砂糖を交互に入れる。

p_umevinegar_03③②にかぶる程度の酢を注ぎ、蓋をして冷暗所に保存する。

p_umevinegar_04④1~2カ月ででき上がり。さかずき1杯を水で約3倍に薄めて飲む。