ミカンの育毛剤

ミカンをはじめとした数種類の柑橘類の相乗作用で、より効果の高い育毛剤を作ることができます。

ミカンの育毛剤は、使用前に必ずパッチテストを行いましょう。二の腕のやわらかい部分に1滴たらし、1日おいて赤くなったり、かゆくなったりなどの異常がなければ使用してもだいじょうぶです。

★朝晩の1日2回、4~5滴を薄毛が気になる地肌の部分に振りかけて、指の腹で5分くらいマッサージします。

ミカンの育毛剤の作り方

【材料】2種類以上の柑橘類(ウンシュウミカン、甘夏、ハッサク、伊予柑、レモンなど)の皮50g以上、ホワイトリカー(35度) 150ml

p_mikanhairtonic_01①柑橘類はよく水洗いして皮をむく。白い部分までむかず、オレンジ色の部分だけできるだけ薄くむく。皮をざるに広げて2~3日、カラカラになるまで陰干しにする。

p_mikanhairtonic_02②清潔な密閉容器に①を入れ、ホワイトリカーを注ぎ、蓋をしっかり閉めて冷暗所で1週間ねかせる。

p_mikanhairtonic_03③1週間後に皮をとり出す。

p_mikanhairtonic_04④蓋を閉めてさらに半月、冷暗所でねかせてでき上がり。完成後も冷蔵庫などの冷暗所で保管し、2カ月くらいで使い切ること。