ショウガの葉茶

葉ショウガの葉や茎の部分を煎じて飲むお茶です。血行がよくなり、体の痛みをやわらげます。発汗を促して熱を下げる効果もあるので、リウマチや関節炎のほか、かぜのひき始めにもおすすめです。

★あたたかいうちに飲みます。保存はできないので、作った分はその日のうちに飲み切ってください。

ショウガの葉茶の作り方

【材料】葉ショウガ適宜

p_gingerleaftea_01①葉ショウガの葉と根茎をよく水洗いし、水けをきってこまかく刻む。

p_gingerleaftea_02②それぞれざるなどに広げ、葉は日陰干し、根茎は天日干しでカラカラになるまで干す。

p_gingerleaftea_03③なべに水500mlと、ショウガの葉10g、根茎2~3かけ分を入れ、3分ほど煎じる。

p_gingerleaftea_04④湯飲みに煎じ液を入れてでき上がり。あたたかいうちに飲むのがポイント。保存がきかないのでその日のうちに飲み切ること。