緑茶ヨーグルト

コレステロール値低下作用のあるヨーグルトと合わせた緑茶ヨーグルトがおすすめです。
ヨーグルトに含まれる乳酸菌には、コレステロールを抱え込み、そのまま便として排出する働きがあります。
また、乳酸菌には消化液の一種の胆汁酸を分解する働きがあります。この胆汁酸の原料となるのがコレステロールなので、胆汁酸が分解されるとその分を補おうとして体内から次々と胆汁酸が分泌されます。その結果、血中のコレステロールが減るというわけです。
緑茶ヨーグルトは空腹時に食べると体内への吸収が高まるので、おやつに食べるのが最適です。
★緑茶粉末は市販品を利用しても、ミルを使って手作りしてもよいでしょう。密閉容器に入れて、冷蔵庫で保存すると香りが保たれます。

緑茶ヨーグルトの作り方

【材料】ヨーグルト150ml、緑茶粉末小さじ2、ハチミツ適量

p_greentea01①ヨーグルトを器に盛り、緑茶をかける。

p_greentea02②好みの量のハチミツを加える。

p_greentea03③緑茶とハチミツがヨーグルトになじむまでかきまぜる。

p_greentea05④1日分のでき上がり。