日本酒風呂

p_nihonshu-furo

日本酒を風呂に入れると、湯の温熱効果により、開いた毛穴を通じて酒が表皮のすぐ下に張りめぐらされた毛細血管を刺激します。そうすることで血管が拡張され、血行がよくなります。
血行が促進されると、疲労物質などの体内の老廃物が排出されやすくなるため、筋肉のこりや痛みが緩和されるのです。
日本酒風呂に使う酒は、合成酒ではなく、醸造酒が適しています。

材料と作り方

日本酒720ml程度を浴槽に入れ、よくかきまぜてから入浴する。
★湯の温度は体温よりも2~3度高めの38~40度が適温です。30分くらいかけてゆっくりと入り、じっくりとあたたまるのが効果的な入浴法です。