タマネギのみそ漬け

タマネギの栄養成分は、加熱調理により失われやすいという弱点があります。とはいえ、生ではあまりたくさんは食べられません。

そこで、タマネギ同様、抗酸化力のあるみそに漬けることをおすすめします。

みその抗酸化作用はメラノイジンと呼ばれる茶褐色の色素の部分にあり、がんや老化予防に効果的です。また、みその原料である大豆に含まれている良質のタンパク質は、しなやかで丈夫な血管をつくるのにも役立っています。

なお、みそと聞くと血圧に悪いと敬遠されがちですが、実は原料の大豆には血圧を下げる効果もあるので、食べすぎたりしなければ血圧にも安心な食品なのです。

★1日に食べる分量はタマネギ1/4個。みそといっしょに食べる感じで。そのまま食べるほか、豆腐にのせるなどほかのものと組み合わせたり、料理に使ってもよいでしょう。保存は冷蔵庫で行い、1週間で食べ切って。

タマネギのみそ漬けの作り方

【材料】タマネギ1個、みそ1カップ、酒大さじ4

p_onion_misozuke_01①タマネギは上下を大きめに切り落とし、皮をむく。沸騰した湯に入れ、1~2分ゆでたら水にとって冷やす。

p_onion_misozuke_02②ボールにみそと酒を入れ、よくねる(好みでみりんを加えてもよい)。

p_onion_misozuke_03③水けをきったタマネギをみそ床に漬け、冷蔵庫で保存する。

p_onion_misozuke_04
④1週間ほど漬ければ完成。